Tihiroのストレスフリーな生活

少しだけ頭使って後は根性

PostgreSQL12は追記型アーキテクチャじゃなくなる?

タイトルの通り、PostgreSQLがバージョン12から追記型アーキテクチャではなくなってVACUUMとかが要らなくなる、というお話をチラチラ聞いたことがあるのですが、色々ググってもそんな話は全く無く不思議に思っていました。

で、最近見つけたのが

www.slideshare.net

の講演資料内の「Pluggable Storage Engine(Table AM)」のところ。

ストレージエンジン(テーブルアクセスメソッド?)を付け替えられるようになったということみたいです。

要は、今まで「Heapアクセスメソッド」と呼ばれる形式だけをサポートしていたけど、PostgreSQL12からは独自に開発したりサードパーティ提供のアクセスメソッドを利用することができるようになった模様。

それで追記型アーキテクチャではないアクセスメソッド(という表現があっているかどうかは怪しいですが)を採用することで、VACUUMとかが不要になるという理屈になるわけですね。

納得。