Tihiroの頭を休めるIT教室

少しだけ頭使って後は根性

Rubyのアップデート方法のまとめ。

概要

たまにはRubyも触ります。CentOS7にインストールされているRubyが2.0とかで、gem(またはitamae?)がインストールできないだか、動かないだかそんな感じなので、Rubyをアップデートする方法を調べてみたけど、意外と複雑だったので、各サイト様から集めて、自分のブログにまとめてみた。文章が至極分かりにくいですが、そんな感じです。

環境

  • CentOS7

Rubyのアップデート

yumでインストールするものたち

yum install -y openssl-devel readline-devel zlib-devel git

rbenvのインストール

git clone https://github.com/sstephenson/rbenv.git ~/.rbenv

インストールしたあと、「~/.rbenv/bin」をPATHに通します。あとよく分かりませんが、~/.bash_profileの適当なところ(最終行ぐらい?)に

eval "$(rbenv init -)"

を追加します。

ruby-buildのインストール

git clone https://github.com/sstephenson/ruby-build.git ~/.rbenv/plugins/ruby-build

Rubyのバージョンを確認

rbenv install --list

-> 2.5.3ぐらいが最新のようですので

rbenv install -v 2.5.3

で、インストール。

使用するバージョンを設定

rbenv global 2.5.3

まとめ

yumでインストールできるRubyのバージョンが古いのには、何か理由があるのでしょうか?