Tihiroの頭を休めるIT教室

少しだけ頭使って後は根性

OLE DB接続に利用できるプロバイダを調べる方法。

概要

.NETアプリケーションとかエクセルとかからDBに接続したい場合に利用するOLEDBですが、接続先のプログラムが32bitか64bitかで利用できるプロバイダが違います。ので、それを確認する方法を書き残しておきます。

環境

確認してみる

まずは

  1. 適当なフォルダで右クリック> [新規作成] > [テキストドキュメント]でファイルを作成する。
  2. 作成したファイルの名前を「test.udl」に変更する。

として、test.udlを作成します。

64bit

  1. test.udlをダブルクリックする。
  2. 表示されたデータリンクプロパティのタブ[プロバイダ]をクリックする。

-> 一覧内に表示されているプロバイダが接続に利用できるプロバイダとなります。

32bit

  1. "C:\Windows\SysWOW64\cmd.exe"を実行する(32bitのコマンドプロンプトが起動する)。
  2. 起動したコマンドプロンプトにtest.udlのパスを入力してエンターキーをカッターンッ!
  3. 表示されたデータリンクプロパティのタブ[プロバイダ]をクリックする。

-> 一覧内に表示されているプロバイダが接続に利用できるプロバイダとなります。

まとめ

Oracleクライアントをインストールしているのに、プログラムからOLEDB接続でOracleデータベースに接続できないとかがたまにあり、インストールしたOracleクライアントと接続先のOracleデータベースのアーキテクチャ(32bit or 64bit)が合致していないのが原因だったりもします。 そんなときに少しだけこの記事のことを思い出して頂けると幸いです。