Tihiroの頭を休めるIT教室

少しだけ頭使って後は根性

パッケージ管理ツールの更新

概要

すんごい便利なパッケージ管理ツールさんたちのまとめと更新方法です。

対象ツール

  • pip
  • gem
  • Homebrew

更新コマンド

pip

Pythonのパッケージ管理ツールです。

sudo pip install --upgrade pip

でOK。ただし、sudoつけないと

OSError: [Errno 13] Permission denied: '/Library/Python/2.7/site-packages/pip-9.0.1-py2.7.egg/EGG-INFO/PKG-INFO'

なエラーが発生します。

gem

Rubyのパッケージ管理ツールです。

gem update --system

で、OK。こちらもsudoつけないと

ERROR: While executing gem ... (Gem::FilePermissionError) You don't have write permissions for the /Library/Ruby/Gems/2.3.0 directory.

なエラーが発生します。

Homebrew

MacOS用のパッケージ管理ツールです。

brew upgrade

こちらは逆にsudoをつけると

Error: Running Homebrew as root is extremely dangerous and no longer supported. As Homebrew does not drop privileges on installation you would be giving all build scripts full access to your system.

的な感じで怒られます。

また、Xcodeを利用しているようで、Xcodeがないと

xcrun: error: invalid active developer path (/Library/Developer/CommandLineTools), missing xcrun at: /Library/Developer/CommandLineTools/usr/bin/xcrun Error: Failure while executing: git config --local --replace-all homebrew.private true

というエラーが発生します。これの解消方法は↓で確認。

qiita.com

要は

xcode-select --install

でOK。手元の端末ではHigh Sierraへのアップグレードが全て完了していなかったために発生したりもしました。

まとめ

パッケージ管理ツールのおかげで煩雑なインストール作業がコマンド一回で済んだりします。本当に便利ですよね。

f:id:r_tihiro:20180507080420j:plain:w200