Tihiroの頭を休めるIT教室

少しだけ頭使って後は根性

現在のビデオモードではゲストOSでマウス統合機能がサポートされません。について

概要

現在のビデオモードではゲストOSでマウス統合機能がサポートされません。

というエラーメッセージについて。

VagrantからOracleさんのVirtualBoxCentOSを動作させると、ウィンドウの上っ側に上記のメッセージが表示される。 マウス統合機能が使えないと、マウスがシームレスに動作しない。

結論

マウス統合機能がサポートされるのはGUIの場合のみ。ということ。 デスクトップ環境(GNOME)インストールしたら無事にマウス統合機能がサポートされました。

(無駄に)やったこ

GuestAdditionsのインストール

ググってみると

GuestAdditions

とかいうのをインストールすればOKみたい。 のでインストールしてみる。

VirtualBoxの「デバイス」タブから「Guest Additions CDイメージの挿入」を選択。

が...何も起こらず。 とりあえず再起動してみると

Could not mount the media/drive 'C:\Program Files\Oracle\VirtualBox/VBoxGuestAdditions.iso' (VERR_PDM_MEDIA_LOCKED).

とか

vboxadd.sh: failed: Look at /var/log/vboxadd-install.log to find out what went wrong. chcon: ラベルが付けられていないファイル `/usr/lib64/VBoxGuestAdditions/mount.vbxsf' に部分的なコンテキストを適用できません

とかいうエラーが発生。

しばらく悩んだ末に

vagrant destroy

デストロイ アンド アップ。見なかったことにすれば良いんだ。

vagrant-vbguestのインストール

「GuestAdditions CDイメージの挿入」はよく分かんなかったので、再度ググるVagrantを利用している場合は「vagrant-vbguest」プラグインをインストールすれば、GuestAdditionsも同時にインストールされる?

ということで

vagrant plugin install vagrant-vbguest

でインストール実行。

Installed the plugin 'vagrant-vbguest (0.14.2)'!

と出たので無事にインストール完了!

で、

再実行してみたけど駄目。やっぱり

現在のビデオモードではゲストOSでマウス統合機能がサポートされません。

が表示される。

カーネルのバージョンを最新にする

uname -a

で、カーネルのバージョンを調べたら

Linux localhost.localdomain 3.10 とでた。

https://mtnengineer.no-ip.info/post-206/

↑このサイト様を参考にして、

公開鍵のインストールを行い、

RPMをゲット。

そしてインストールだ!

sudo yum localinstall -y kernel-lt-4.4.87-1.el7.elrepo.x86_64.rpm

Complete! コンプリート!

そのあと

init 6

で再起動して、起動メニューから最新のカーネルを選択...できねぇ。

インストールしたカーネルを選択できるようにする

http://enakai00.hatenablog.com/entry/2015/11/27/152442

↑このサイト様を参考にすると、CentOS7ではGRUB2とかいうので起動に関することを管理しているとかなんとか。

sudo yum install grub2

で、イストールして

grub2-mkconfig -o /boot/grub2/grub.cfg

再起動すると、起動メニューの中にインストールしたカーネルが増えてる! 凄い!

まとめ

自分の経験よりも他人様の歴史から学びたい。